×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

我輩のつぶやき(2007年9月)
日記TOPに戻る


9月24日

リリカルなのは25話まで一気に見る。途中2話ほど手に入らなくて飛ばしたが・・・

感想:はやての抜け毛がやばい

飛ぶ度に毛抜けてる・・・まだ10代なのにω
天使系とか羽キャラはやたら抜け毛が多いんだよな・・・アニメの御約束
ハーメルのバイオリン弾きがマイベスト抜け毛漫画だ。









感想がこれだけと言うのもアレなので少し追加を・・・
22日に姉妹フィギュアの日記の話を出したがなのは3期の影響が強い。
はやてコスプレに合わせヴィータが欲しいのだ。
3期での一番萌えはヴィータなんだよ!!
リインは外見的には可愛いんだが『〜ですぅ』と言う話し方がタラちゃんにしか思えないしω


ヴィータ名シーン・・・
7話後半のディアナの失敗からスバルを助けるシーンとかはいい感じだ。もうヴィータ副隊長ののしりCDとか出してもいいくらいだ。冬コミ辺りで出してくれよ!!
そして終盤なのはと別行動を取り戦闘〜動力炉破壊シーン。巨大なドリルハンマーで無機物を破壊するという単純なイベントをあそこまで感動的に描くとは・・・
2期でもそうだったがヴィータ頑張りすぎだよな・・・闇の書蒐集時といい3期の動力炉破壊といいボロボロになりながらも主や仲間の為に戦っている。
 こういうパワー系キャラが頑張ってるシーン好きなんだよな・・・スバルのドリルな闘い方もこれに当てはまるが年齢が・・・ω
ヴィータ名シーンでも編集してみるのも面白そうだがどうせニコニコかようつべにでもうpされるだろうしやめておくかω

9月23日

アニメ大悪司を見直す。そういえばアニメでは乃木邸を強引に攻めてたんだなあ・・・
乃木関係のイベントはシリアスかつ日本の戦後イベントとしてはかなり重要な部分だと思うんだがω
あのボリュームのある大悪司原作で6話で纏めるのは無理があるよな・・・7割はエロシーンだろうし

日本の文化輸出としてはまず大悪司をアメリカ人にプレイさせる所から始めようwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ウイミイ関連のイベントとかどう思うんだろう・・・

以前のオフでも結婚式の話が出ていたが殺ちゃんと結婚式挙げたいなあ・・・

大悪司 番外編 「殺繚乱」で結婚イベント見るとさらに決意が固まる



こんな感じの式場で衣装を用意して結婚式!!



顔のアップ
実際大悪司結婚イベントは一枚絵表示がないが重要イベントのはずなんだ。
各キャラごとに1枚程度は用意されていてもよかったかもしれない。
ほらベンギンとかグナガンの宝絵なんかより殺ちゃんドレス姿のほうが価値あるってω



肩越しに・・・悪司と殺ちゃんの身長差考えると60cm程度あるわけでカメラ位置がかなり高いとはいえ不自然な構図な気もする。
はっきりと顔がアップで表示されていて表情がわかるお気に入りの場面なのだが・・・



悪司は結婚式でも普段着のままなんだな・・・
まあいちいち設定考えるのも面倒だしエロアニメで男キャラなんてあまり見る事ないだろうし・・・



PM襲撃を撃退する場面。大悪司アニメで一番アクションシーンが気合入っていた場面だ。

式場借りるには金もかかるし準備も必要。人数集めて1人辺りの負担金減らすしかないのかなあ・・・とか考えるω
まあその辺は我輩みたいなヒキよりも行動力ある方がやってくれるさ・・・多分(期待)

殺ちゃん等身大フィギュアではこの左右3本の触角部分が表現できなかったみたいだなあ・・・
添い寝とか考えると維持やメンテナンスが大変だろうし等身大さくらちゃんみたいにアホ毛脱着式にするのもウイッグ方式だと無理だ
ただでさえ髪の毛問題は大変なのに・・・抜け毛とかω



比べると判るがやはり悪司はカッコいい。乃木邸イベントとかウイミイ制圧イベントの辺りはカッコイイ所見せてくれたなあ・・・
あとランスは鬼畜王ランスとかも出ているが鬼畜色よりもファンタジー色のほうが強い気がする・・・
臭作、鬼作、遺作3兄弟は中学時代の友人によく似ている・・・アニメを見て見たが知り合いに似た人が活躍するのを見るのは面白いwwwwwwwwwwwwww
というかこの3兄弟に似ている中学生ってどうよ?w


・触手ゲーム大全(ジブリール等)
・魔法少女ゲーム大全(まじかるカナン等)
・小学生ゲーム大全(Close2U等)

とかも欲しいんだが誰か出してくれ。
鬼畜ゲームが鬼畜者(臭作とか)が表紙にでてるから触手ゲーム大全でるなら触手が表紙・・・かファンタジー!!!

9月22日


タイガージョーコスプレをやってみたい。
コミケでやるとタイガーマスクと呼ばれるんだろうなあ・・・『J』を強調せねば!!




ファンタで稼動ボディーとか新ボディーが出ているみたいだが姉妹フィギュア(少し現状の140サイズより大きいのと小さいの)が欲しい。
対比させて大きい、小さいが判るくらいでいい。ローゼンドール対比くらい。
合わせ衣装ができるし楽しいと思うんだ・・・
首から上は互換性をもたせ手足と腹部を切るor付け足してサイズ調整という感じだろうか・・・
140基本に±5とか±10くらいでも大きさ対比としては十分に効果あると思う。
ローゼンキャラで言えば
真紅&緑&蒼(140)を基準に
銀&薔薇(150)
雛&金(130)
みたいな感じか・・・
こんな感じで合わせを楽しめる。

9月16日

でかい犬

アルフやザフィーラみたいなのってリアルにいるんだなあ・・・



室内温度が高いと言うのもあるが・・・日焼け後から2,3日たつまで体温が下がらない。よって普段使わない冷房を使うのだが最高温度設定が30℃だ。つけると寒い・・・
体温逃がすだけなら体温(36度)より低ければ問題ない。
35℃くらいまで設定できる冷房だといいのだが・・・

9月15日

一般人と海へ行ってきた。一般人と話す事で感じたのは話術の拙さだ。



一般人が話下手な理由
・専門性(アピールポイント)がない
・経験不足で体験に基づいた話ができない(受動的である)
・視野が狭く専門的話に対応できない
・抽象性がない為汎用性にかける
・人間関係(友人、人脈)の貧弱さ


オタクならば誰でも専門ジャンルであったりその世界の常識であったりするものを押さえているのだがその専門性(アピールポイント)がない。よって無難な話(飯や酒、ダイエット)で話題を作ろうとするのだがノリが悪くしかも希少性の高い情報がない。そして他の人の専門ジャンルは「そんなの知らなくても生きていける」と言い積極的に学ぶ意志がない。確かに専門知識と言うものは知らなくても生きていける物が多いのだが、どのように生きるかが大切なのでありより豊かな精神生活を営むには知識や情報と言うものは必須条件である。
 そして話が自らの体験に基づいた物ではない。(アニメやゲームといったオタク的ジャンルを例に挙げれば不公平感が強いのでオタク性の薄いジャンルを例に挙げる)
この為TVで見たスポーツ選手批評等に落ち着く。スポーツと言うジャンルで言うならば自ら鍛え、プロテイン等を摂取したりジムへ行ったりした経験と結果を語るべきなのだ。体験に基づかない情報は他の人の情報と同じである。ネットで検索すれば整理された情報が出てくるのでわざわざ話す必要はない。
 他の例も挙げてみる。財布のブランドの話で皮の丈夫さの話が出てきたがこれも受動的購入である。皮細工の技術や経験が本人にはない。財布を見せてもらい、チャックを使わない方式の為壊れにくく修理がしやすいとか端の始末がきちんとされており磨耗耐性がある。等の点に気がついたが本人はそこまで意識してなかったらしい。『丈夫』との情報がありそれを信じ『このブランドは丈夫だ』と自慢したいだけらしい・・・
ブランド志向を咎めるわけではないが『どんな点が好きなのか』『どこが優れているのか』を明確にした上でのブランド志向である必要がある。盲目的に信じるのは宗教的だ。それも自ら選ぶのでなく親が入ってたからという理由で入るのと同様である。
 情報の抽象化作業を行っていないので汎用性がない。『あるある大事典でこう言っていた』と言う事実の提示しかされておらずその情報を抽象化し他の事にも当てはめようとしていない。しかもそれに対する感想や批判がされていない。情報を左から右へと流している作業のみで会話というものを済ませようとしている。
 そして交友関係の狭さである。自ら積極的にイベントやオフへと参加していないので近所付き合いしか存在しない。属する世界のない事も原因のひとつだとは思うが限られた少ない交友関係の為、話す事に慣れていない、情報量が少ないという事(視野が狭い)になっている。

この辺が一般人と話して感じた事なのだが一般人側は我輩と話してどう考えているんだろうなあ・・・


我輩が話す時に気をつけている事は
・自分または自分と関係のある人間の体験に基づいた話をする。
・専門外の人には判り易い(面白い)部分のみを話す。

の2点だ。